LINEのテレビ電話

最近まで知らなかったのですが、LINEってビデオ通話が出来るんですね。
先日、未だにネットに疎くてパソコンを持っていない友人と、あるバンドのホームページの事を話していました。
「スライドバナーって何?」と聞かれたので見せてあげようと思い、初めてLINEのビデオ通話をしました。

カメラを外側にして、ブラウザが写る様にして通話。リンクのYouTubeが観たいとの事だったため、私はスマホの画面越し、友人はスマホ画面に映るブラウザを見ながらかなり盛り上がっていました。共通の大好きなバンドのライブ動画を次々と観て、合唱。
お互い自宅で1人飲みをしながらの通話だったのですが酔いも盛り上がってしまい、「飲んでるー?」「飲んでるー?」「吐くまで飲もう!」と大騒ぎ。
内側カメラに切り替え、ジョッキで一気飲みの様子を見せて笑わせようとしたところ、友人から衝撃の一言が。

「今、一瞬 柴田理恵に見えた」

・・・・・えっ?

確かに、お団子でPCメガネをかけていました。そして私は出っ歯です。見えなくもないかも知れません。
「えー、ひどい。」「今日から、あだ名リエね!」
さらにLINE電話をしながらの飲みは盛り上がり、YouTubeでファンの間では「伝説」と語られるライブ映像で大興奮して大絶叫。

そのうち、電話越しに救急車のサイレンの音が聞こえてきました。
「救急車?」「うん、なんか近所みたい」「顔見知りの人?」「どうだろう?」
その直後、友人の部屋のインターフォンが鳴る音が聞こえたのです。

そうです。私達がLINE電話で盛り上がり過ぎ、叫びすぎた為、友人宅のご近所さんが警察に騒音被害の通報をしてしまったのです。事件です。

パソコンのない友人は、未だに電話の度にYouTubeを観たがりますが、もう決して観せません。
「パソコン買って、自分でネット回線引いたら?」と言うのですが、「ううん、LINE電話で観れるからいいよ」と言う友人。
全く懲りていません。

私は田舎の一軒家で、家族と同居だからまだ良いものの、友人はマンションで一人暮らし。
またYouTubeで盛り上がったら、追い出されてしまうのではないかと心配です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です