月別アーカイブ: 2018年6月

大学生の時はアルバイトと学生ローンでやりくり

私は大学時代に理系の学部に在籍していたので、平日は学校に拘束される時間も多く、授業が終わる時間もはっきりと分からないような状態だったので、一般的なシフト制のアルバイトは出来ませんでした。

そこで、土日の大学のない日に一日中働けるアルバイトを探して働いていました。
そして見つけたアルバイトの名前は「マネキン」です。あまり聞きなれない職業名ですが、仕事の内容は様々な場所で行われるイベントやキャンペーン活動に参加することでした。

私はこの仕事を求人誌で見つけたのですが、電話をかけると事務所で簡単な面接の後スタッフとして登録する必要があるということでした。そこで事務所に面接に行き、働きたい曜日や時間などの面接があった後、何故か身体測定がありました。最初は戸惑ったものの、イベントによっては制服が支給されることがあるらしく、おおよその体格が分からないと制服が用意出来ないとのことでした。

後日、事務所から「○月○日○曜日の○時から○時まで仕事があるのですが、出来ますか?」といった電話がきました。自分の予定と合う仕事だった場合は事務所に受ける旨の電話をします。すると、事前に事務所でそのイベントに合わせた研修が行われます。制服がある時には、その時にサイズ合わせも行います。

私はこのマネキンで「ビールフェア」「車フェア」といった大きなイベントへの出席から、地元のスーパーで行われるメーカーのくじ引きフェアの仕事まで経験しました。仕事内容はその都度違ったので覚えることは非常に多かったです。
しかし、マネキンでは平均で日給一万円以上はもらえる上にバイト代が即日に現金払いでもらえたので、よくある面倒なバイト先の人間関係に悩まされるということもなく非常に快適でした。

しかしそれでも生活費が足りなかったり、洋服などに回すお金はありませんでした。そんな時は学生ローンに頼っていましたね。アルバイトと学生ローンでどうにか過ごせていたって感じです。

毛深いとすごく処理が大変!脱毛に通おうか検討中

私は学生の頃から結構毛深くて、学生の頃は制服が有ったので隠したくても隠せず、特に体育の時間は特に恥ずかしかったです。

中学の頃は自分が毛深いことに気がつき、友達からも「結構毛深いから処理したら?」というふうによく言われていましたが、どのように処理をしたら良いのか当時はよく分からりませんでした。

結局親を説得して脱毛ムースを購入してもらってそれを使って処理をしていましたが、結構あっという間になくなってしまうし、処理をしてもしても毛深いのであっという間に毛が生えてきてしまいました。

費用的にも掛かってしまうことも有って、親はもう脱毛クリームは買ってくれなくなりました。

それからは友達から聞いた方法で、軽石を使って足や腕をこすればムダ毛が抜けると聞いたので、その方法で処理をしていました。

しかし結構痛いのと、軽石で抜き取る感じなので太めのムダ毛の場合には結構痛みが有って大変だったことを覚えています。

でも、それでも我慢しながら処理をしていたのですが、高校生になってからは、カミソリを使って剃るようにしていました。

でも、この処理の方法が良くなかったのか、沿った翌日にはもうチクチクと毛が生え始めているような状態で、毎日剃らないといけない状態になってしまって最悪でした。

大人になった今は家庭用脱毛器を購入して処理をしているのですが、腕と足は何とかこれでも綺麗になってくれるのですが、脇の下は脱毛器ですると赤くなってしまうし、どうしてもムラが出てしまっているようで、毎日何本かの毛を処理しないといけない状態なので結局綺麗にはなってくれず困っています。

そしてビキニラインも結構濃いので、カミソリを使って剃るようにしていますが、この部分だけは脱毛器を使うと相当痛いし危ないので、処理は毎日こまめにしています。

結婚して主人にもいろいろと毛深いことを指摘されて、処理は欠かさずしているのですが、結構処理の時間がかかってしまうし、疲れていて処理をしていなかったりすると男性かと笑われてしまったりするので本当に嫌な思いをしています。

そんな私に主人が勧めてきたのが、脱毛サロン。職場の女性たちが通ってるよ~なんて言ってました。広島市内にもたくさんあるんだとか。

少し興味があるので、脱毛サロンのことをちょっと調べてみようと思います。私が参考にしているのはこのサイト。

脱毛広島市